RISING MAGAZINE

BLOGNEWS 2019/02/26

「すまい給付金」

こんにちは!山形県鶴岡市で新築工事・リフォームと、太陽光発電システムを販売・施工しているRISINGです。

もう2月も終わりますね。ここ最近特に時の早さを強く感じます。

 

さて、今年の10月から消費税が10%に引き上げられますが、その増税に対する住宅支援制度として、大きく分けて3つ掲げられています。

住宅ローン減税の拡充

すまい給付金の拡充

次世代住宅ポイント制度の創設

 

MAGAZINEの中でも、住宅ローン減税の延長次世代住宅ポイントの概要をお知らせしてきました。

今回はすまい給付金についてお話します。

 

すまい給付金とは、消費税引上げによる住宅取得者の負担を緩和するためにH26年4月に創設された制度で、収入に応じて最大30万円が給付されています。今回の増税に向けて最大給付額が50万円まで引き上げられました。

住宅ローン減税も所得税から還付されるのですが、支払っている所得税からの控除となるので、同じ金額でローンを組んでも収入が高いと還元率が高くなり、収入が低いと還元率も低くなります。それをカバーするのがすまい給付金となります。

 

夫婦でローンを組んだ場合は、住宅ローン減税・すまい給付金共にそれぞれ申請し、給付を受けることができます。共有名義でローンを組むと、税制上ではメリットがありますが、デメリットもありますのできちんと理解し、お互いに話し合っておくことが大切です。

また、収入や家族構成によっても給付額が異なります。国土交通省のすまい給付金HPでは給付額のシミュレーションもできますので、ご活用ください。

 

 

 

 

SHARE

RELATED ARTICLE

BACK TO NEWS TOP

RISING × HELLO

©RISING Corp.all rights reserved.

   資料請求・お問い合わせはこちらから