さぁ工事開始!~解く家~

こんにちは!RISINGの佐藤です。

さて、今回は「解く家」の工事の様子をお届けします。
地盤改良を経て、いよいよ基礎工事が開始します!
RISINGの家づくりは「ベタ基礎」と呼ばれる、建物の底板一面を鉄筋コンクリートで支える基礎(耐圧盤)を採用しています。
地震の揺れや不同沈下にも強く、安定性が高い造りとなっています💪
また、湿気が建物に伝わりにくくなるなどのメリットがあるので、建物の品質を長く保つことが出来るのも強みです。

それでは工事の様子を見てみましょう😊
まずは建物の周りに木杭を打ち込み、建物の位置や基礎の高さを敷地に出します(遣り方工事といいます)。
次に「根切り」と呼ばれる、基礎を入れるための工事を行います。
パワーショベルを使って地盤を掘り起こしていきます。
自分の手を動かすような滑らかな操縦には毎回見惚れてしまいます✨
根切りの後は「砕石」と呼ばれる細かく砕いた石を全体に敷き、機械を使って地盤を締め固めます。
この作業によって地盤面が安定するので沈下の心配がなくなります😊

基礎工事と一概に言っても、頑丈な基盤をつくる為に沢山の工程を重ねます。
次回も基礎工事の様子をお届けしますので、お楽しみに!

「解く家」前回の記事はコチラ

PAGE TOP