屋根の工夫で長く快適な暮らし~間のある暮らし~

こんにちは!RISINGの佐藤です。

今回のブログでは上棟したY様邸の工事の様子をお届けします。
構造体ができあがり、次は屋根工事に進みます。

Y様邸の屋根材は「ガルバリウム鋼板」
耐久性、耐震性、耐水性、防火性などに優れた人気の屋根材です。
そのままでは雨音が響きやすい屋根材なので、写真のように遮音効果のあるサービスボードを下地に敷きます。
これで雨音に悩まされる事なく、天候が悪い日もお部屋でゆっくりお過ごしいただけます😊
次に、防水機能をもったルーフィングシートを張り付けます。
防水性の高いガルバリウム鋼板ですが、どんな屋根も屋根材だけでは雨水の侵入を完全に防ぐことができません。
そこで、ルーフィングシートを張り付け、侵入した雨水を木材に染み込ませず外に排出します。
屋根が乗ればに見えなくなる部分ですが、お住まいに合った工夫や手法を用いる事で、長く快適に住んでいただける家づくりを実現します🏠
それでは、次の工程も楽しみにお待ちください♪

「間のある暮らし」前回の記事はコチラ
[clink url=”https://rising-house.jp/2022/01/24/%e8%bf%ab%e5%8a%9b%e3%81%ae%e5%bb%ba%e6%96%b9%e5%b7%a5%e4%ba%8b%ef%bd%9e%e9%96%93%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%ef%bd%9e/”]