JIOの躯体検査~間のある暮らし~

こんにちは!RISINGの佐藤です。
前回の記事で、透湿防水シートの施行から屋根の完成までをご紹介した「間のある暮らし」ですが、今回は「躯体検査」の様子をお届けします。
RISINGでは、住宅瑕疵担保履行法に対応するためJIOの瑕疵担保責任保険を利用しています。
躯体工事が完了したタイミングで、JIOの検査員によって検査が行われ、家にとって重要な構造と躯体(柱、筋交い、梁、金物など)が図面通りに施工されているかを細かくチェックします。
検査の結果は…もちろん合格!✨
引き続き、お客様に安心して暮らしていただける家づくりを進めます。
次回は、こちらの住宅の特徴のひとつでもある塗り壁材「sto」の施行になります。
それでは、更新をお楽しみに😊

「間のある暮らし」前回の記事はコチラ

PAGE TOP